破天荒妻と夫の日常
夫婦間のコミュニケーション・お内緒のへそくりについて記事を書いています
最終更新 2018.10.16 (火)

『消費税10%と旦那の小遣い』


本日の格言
  • 消費税が上がっても嫁には影響がない
  • 旦那のお小遣いを減らせば円満に解決する(白目)
  • 全部が10%に引き上げられるわけではないらしい

本日もご意見お待ちしております サンプル

紳士淑女の皆様、こんにちは

来年の10月に消費税が10%に引き上げられることが決まりましたが、我が家庭では緊急会議が連日開催されております。

年間およそ4万円から5万円の出費の増加に繋がると言われていますね。。

正直パツパツな家計であるため、何かしら支出を削減する必要があるのですがどこから減らすか喧嘩になっています。

私の提案としては、嫁が使っている美容器具の購入をやめてほしいと言っています。

顔にコロコロするよくわからないテカった金属の塊や、もわっとした煙の出るめちゃくちゃでかい機械などは本当に必要なの?

シャンプーは俺は市販の普通のものを使っているけど、嫁は美容院で買った一つ何千円もするもの使ってるけど、 本当に必要なの?

ダブでええやんシャンプーは!

顔コロコロするやつも手でやればええやん! -

ていうかそのスチームが出る機械、4万ぐらいするよね。

そういう 買い物やめればすぐ解決だね!

と思ったのですが

嫁はびっくりすることを言っている....

「あんたのお小遣いを減らせばいいんじゃないの?」

え??

嫁さん俺のお小遣いいくらか知ってるよね。。そんなことしたら死体蹴りだよ!

そこら辺の高校生と変わらないお小遣いだよ!むしろそれよりもらってない可能性あるよ!

この勢いで減らされると、来年にはゼロ円になっちゃいますな

ニュースをよく見てみると、生鮮食品やお弁当と言った食料品は軽減税率が適用されて、8%のままになるらしい。

ということは、私のお金の使い道はほとんど食料品です。

そのため私の出費はほとんど8%のまま購入できるものばっかり

つまり!!

消費税10%によって私は家計に影響を与えないのだ!

嫁がお金の使い道は 自分のセルフケアであったり、外出して遊ぶ出費がメインなので、 そちらを減らすべきなのだー!

この完璧な理論によって嫁に対抗しようとしたが、次の一言で抹殺されました

「あんたより私の方が稼いでるんだから、お金の使い道とかお小遣いは私が決めるのが普通でしょ?あんたそんなに稼いでんの?」

本当にすいませんでした。少しでも対抗しようとした自分がバカでした。

やはり家庭内の力というのは、仕事もしていて家事もしている嫁が「神」として

君臨しているのが一番平和ですね(テヘペロ)

余談ではありますが、車や住宅を購入する時は、何かしらの援助が国から出るようです

一概に全ての出費が8%から10%に上昇するわけではないので、

支出が増える項目を情報としてきちんと整理する必要がありそうです

こちらは法整備や報道による情報が固まったら、またこちらのブログで記載します

-- 最後まで読んでくださってありがとうございます。--